ユビキタスの街角

Wednesday, October 17, 2007

色覚異常

色覚異常に対応したツール」 みたいなのが最近よくあるようで、 ユニバーサルデザインなWebページが増えるのは結構なことなのだが、 色の区別がつかない場合だけ「異常」と言われるのはどうも気分が悪い。 近視の人は「視力異常」、 物わかりが悪い人は「脳力異常」、 絶対音感が無い人は「音感異常」 などと呼ばれて気分良いワケはないと思うのだが。

ドとレの区別がつかない人間なんて私から見ると障害者だし、 眼鏡が無いと困る人間なんて明らかに障害者だろう。 要するに人間は誰もが障害者であって、それを自覚するべきなのに、 「異常」とか「健常者」とかいう言葉を平気で使う人間が多いのは不思議である。

3 Comments:

  • 僕の身の回りでは「色覚特性」という言葉を使うことが多いです。

    By Blogger Kotaro, at 1:31 PM  

  • 「左利きを矯"正"」とか。

    By Blogger osamu2001, at 7:23 PM  

  • 「色盲」ということばが使いにくくなっていて,その代替として出てきたような気がします。

    By Blogger keiichi, at 11:47 AM  

Post a Comment

<< Home