ユビキタスの街角

Friday, November 26, 2010

マンホールの穴

「マンホールは何故丸いのか?」という有名なクイズがある。 「蓋が丸いと穴に落ちないから」というのが模範解答だと思われているが、 これはおおいに疑わしい。

そもそも穴というものは普通は丸いものである。 紙に穴を開けろと言われれば普通は丸い穴を開けるし、ドリルもキリも丸穴を開けるようになっているし、 グアテマラの穴もマルコビッチの穴も丸い。 穴は丸く開けるのが一番楽なのだからマンホールは丸く開けようと思うのが普通である。

また、パイプや管は普通は丸いものである。水道管もガス管も土管も丸いし血管だって丸い。丸い管は最も効率が良いので丸くするのが自然なのだろう。

穴もパイプも丸いのが自然なのであればマンホールの穴も蓋も丸いのが当然であろう。丸い蓋は穴に落ちないという利点があるのは確かだが、それが最大の理由だとは考えられない。 円形以外でも穴に落ちない形は存在する。

「ぐっすりの語源はGood Seep」だという俗説があるが、マンホールの蓋が丸い理由というのも同じような俗説だと思われる。聞いたとき一瞬「なるほど!」と納得してしまうところが似ている。

1 Comments:

  • >>そもそも穴というものは普通は丸いものである
    ええっ。「普通」ってどこの誰にとって普通なんでしょう。四角い穴だってそこらじゅうにあるではありませんか。
    >>穴は丸く開けるのが一番楽なのだからマンホールは丸く開けようと思うのが普通である
    ええっ。マンホールは地面に空いているものでしょう。地面に穴を開けるのに、丸く空けるのが本当に一番楽なのですか。もしそうなら、公共工事の作業員はなぜ四角く道路に穴を開けているのでしょう。

    By Anonymous Anonymous, at 11:32 AM  

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home